まずは体験入店

はじめて求人応募する人にとって、風俗は嬉しい業界かもしれません。なぜなら、一般的な就職やアルバイトにはほとんど見られない、体験入店が多くで実施されているためです。確かに、求人情報をくまなくチェックしてイメージすることも大切です。風俗求人サイトや専門誌などでは、分かりやすいよう色分けやアイコン表示、写真による紹介などがされているため、リアルなイメージも膨らませやすいです。ですが、やはり実際働いてみることほど効果的な雰囲気を把握する方法はありません。体験入店制度を利用して、どんな雰囲気なのか、実際入店したあと続けていけそうかなど、確かめられてみてはいかがでしょうか。

風俗勤務のポイントは、給料面や仕事内容だけでもありません。お店に出勤して働く以上、スタッフや店長などとの人間関係も重要です。デリヘルなどは無店舗型なのでそこまで影響しませんが、それでも自己管理が必要ですし、お金を支払うのは自分以外の人間なわけですから、人との付き合いも意識する必要があります。そうした面は、やはり求人情報を見るだけで察することが難しいです。体験入店すれば、その空気に肌で触れて確かめることができます。

もちろん、体験入店でしっくりこなければ、断っても問題ありません。断りにくい場合でも、そもそも体験入店は体験なわけですから、罪悪感などを感実必要もありません。気軽に活用して、ぜひぴったりなお店を見つけられてみてください。